2009年02月24日

「プレイス・イン・ザ・ハート」{テレビ(BSアナログ)放映情報}

来る3月4日(水)の午後9:00〜10:52にNHK-BS2の『衛星映画劇場』にて、『アカデミー賞受賞作品特集』として、ロバート・ベントン監督/脚本、サリー・フィールド主演、ダニー・グローヴァーやジョン・マルコヴィッチら共演のドラマ映画作品「プレイス・イン・ザ・ハート」が放映されます。
今はなき八重洲スター座で本作を初めて観たときは感涙に目頭を熱くし、涙でスクリーンが霞みました。以来何度か観ているのですが、その度に感涙に目頭を熱くしています。ラストのカーテンコールまで素敵で心温まる作品と思います。
1935年の米国はテキサスで、ある日突然レイ・ベイカー扮する保安官である夫、"ロイス・スポルディング"をデヴロー・ホワイト演じる酒によ酔った黒人少年、"ワイリー"に誤って射殺されてしまい、突如一家の主としてヤンクトン・ハットンとジェニー・ジェームズ扮する幼い二人の子供、"フランク"と"ポッサム"と家を守るため、家の借金返済と生活を支えるべく、ある日仕事を求めに現れたダニー・グローヴァー演じる黒人青年の"モーゼス"の助言により、彼を雇って家の前の畑で綿花の栽培に奮闘することとなるか弱くもひたむきで健気で誠実で、優しく芯が強い未亡人、専業主婦で'ザ・母'という風に言っても過言でないやにも感じられる母親の"エドナ"を好演しているサリー・フィールドはもとより、脇を固めるグローヴァーや"スポルディング"家に下宿することとなる頑に心を閉ざした盲目の青年、"ウィル"役のジョン・マルコヴィッチなぞが見応えのある素敵な演技と存在感を魅せてくれていると思います。ジェニー・ジェームズの可憐な愛らしさや冒頭の"スポルディング"家の朝食のシーンで食卓に並べられたビスケット(スコーン)のようなパンやフライドチキンが美味しそうで、印象的だったりします。本作と同年に製作されて、前年に日本で劇場公開された私の青春の一本であるウォルター・ヒル監督/脚本、マイケル・パレ主演の青春アクション映画作品「ストリート・オブ・ファイヤー」で、ウィレム・デフォー演じる"レイヴィン"に率いられたストリートギャング、"ボンバーズ"に連れ去られたダイアン・レイン扮する高架線と路地裏の多い街、リッチモンドのロック・クイーン、"エレン・エイム"を救出すべく街に戻ったマイケル・パレ演じる"エレン"のかつての恋人、"トム・コーディ"と意気投合し、手助けをする元陸軍の車輛係をしていた女兵士、"マッコイ"を演じているエイミー・マディガンが、リンゼイ・クルーズ演じる"エドナ"の姉の"マーガレット・Lomax"の夫、エド・ハリス扮する"ウエイン"の親友、テリー・オクィン演じる"バディー・カーシー."の妻で、不倫相手の"ヴィオラ"を演じているのには、その演技はさておき、どうしても些か違和感を感じてしまいます。
当時の米国南部の厳しい時代背景と、そし過去から現在に至る忌まわしい歴史のバックグランドと共に、母親の、女性の、人間のバイタリティー、家族愛、人間愛、人生の悲喜、苦楽、禍福や機微、そして何というか削ぎ落とされたような懸命で真摯でピュアな心と生をひしひしと感じる気がします。バラック・オバマ上院議員が米国政治史上初のアフリカ系大統領に就任した今日、そしてさらにはその就任演説を聞くに今またあらためて観てみると感じるところ大きい、多い気もしたりします。

祈り...祈りし者の心と生...。

本作は1984年、第57回米アカデミー賞で作品賞を含む計7部門にノミネートされ、サリー・フィールドが主演女優賞をロバート・ベントンが脚本賞を受賞しています。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 21:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

tarrie woo Ceramics with Beauties of Nature
---参加企画展『ひなあそび展』のご案内---

お気に入りリンクで紹介しております『tarrie woo Ceramics with Beauties of Nature』のご主が来週2月27日の金曜日から来月3月9日の月曜日まで、千葉県は千葉市中央区にある『カフェ&ギャラリー呂久呂 space * kaon (1F)』にて開催されます企画展『ひなあそび展』に染付の器や、アクセサリー作家さんとの初コラボ作品などを出品されるとのことです。
ご興味おありの方は、是非足を運んでみてください。3月4日の水曜日は定休日でお休みとのことです。
先頃、新しいすまいにお引越をされた『tarrie woo Ceramics with Beauties of Nature』も宜しければお立ち寄りになってみてください。店番猫の”つくし”さんとご店主があたたかく迎えてくれると思います。より見やすいレイアウト、よりお買物をしやすい、そしてより楽しめる作りのサイトにリニューアルされています。新たなURLはhttp://tarriewoo.petit.ccに、メールアドレスはtarriewoo@dau.petit.ccとなっています。

+info+
カフェ&ギャラリー呂久呂
陶芸ギャラリー呂久呂(3F)/カフェ呂久呂(1F)/space * kaon(1F)
〒260-0013 千葉現千葉市中央区中央3-4-10
電話:043-224-5251 FAX:043-224-5272
open:10:30-20:00 日祝日 10:30-19:30(定休日 水曜日)
Mail:info@caferokuro.com
acsess:京成千葉中央駅より徒歩3分、JR千葉駅より徒歩10分
posted by ウォルター at 15:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

訃報 前田哲朗さん

『松田優作webサイト』によりますと、優作さん主演のアクションコメディTVドラマ『探偵物語』
で"二代目イレズミ者"を好演され、劇団『マールイ』で優作さんと同期で、親交の深かった前田哲朗さんが、去る1月31日(土)未明に食道動脈瘤のため、逝去されたとのことです。享年59歳とのことです。ここに心よりご冥福をお祈りいたします。
『探偵物語』第19話『影を捨てた男』での"イレズミ者"二代目襲名披露パーティーでの台詞・口上、"イレズミ者パート2 えらいやっちゃ、えらいやっちゃ〜"が印象深く思い出されます。この回で優作さん演じる私立探偵の"工藤俊作"に、鹿内孝さん扮する3年前に自動車事故死したはずの恋人、"坂本明"を捜してほしいと依頼するブティック店員の"井上京子"を演じている中島ゆたかさんが何だか可愛らしくてイイです。戸浦六宏さん扮する密輸の取引をする大野不動産の社長、"大野"の情婦、"礼子"役の鹿沼えりさんもお色気たっぷりにコミカルでキュートです。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 20:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

訃報 泡坂妻夫さん

以前の投稿記事で取り上げています松田優作さん主演のミステリ映画作品「乱れからくり」の原作者で、私が中学生から専門学生にかけて仁木悦子さん、都筑道夫さん、佐野洋さんや大藪晴彦さんとならんで愛読していた作家の泡坂妻夫(本名・厚川昌男・筆名は本名のアナグラムです)さんが去る2月3日(火)に死去されたとのことです。
ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。ありがとうございました。ありがとうございます。
久しぶりも久しぶりに”亜愛一郎”シリーズ『11枚のトランプ』『湖底のまつり』『喜劇悲奇劇』『妖女のねむり』なぞなぞを本棚の奥から取り出して読んでみようかと思います。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 21:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特報!!

遅ればせながらやも知れませんが、渡辺信一郎監督/脚本、信本敬子(他)脚本/シリーズ構成で、音楽を菅野よう子さんが手掛けている私も大好きなTVSFアクションドラマアニメ作品『COWBOY BEBOP』が2011年にハリウッドで、20世紀FOX配給により、主人公の賞金稼ぎの一人、"スパイク・スピーゲル"を演じるキアヌ・リーヴスの熱望もあって、実写映画化されるとのことです。映画化にあたっては、オリジナルのアニメ版を制作した日本のサンライズ社も密に関わるとのことで、同社の代表取締役社長を務める内田健二さんをはじめ、渡辺信一郎さんや信本敬子さんがアソシエイトプロデューサーとして、プロデューサーの南雅彦さんがプロダクションコンサルタントとして参加されるとのことです。お話はオリジナルアニメ版の第一話/Session #1『アステロイド・ブルース/Asteroid Blues』に登場する非合法目薬、"レッド・アイ(ブラッディ・アイ)"にヒントを得たものになると現在ピーター・クレイグと共にシナリオ開発に取り掛かっているというキアヌ・リーヴスが語っているとのことです。尚、"ジェット・ブラック"はじめ、その他の登場人物の配役については、残念ながら現在のところ未確認です。ハリウッド実写映画化版の音楽も是非菅野よう子さんに手掛けてほしいものです。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 19:33| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする