2009年05月26日

「許されざる者」{テレビ(BSアナログ)放映情報}の放映作品誤りの訂正とお詫び

先日投稿しました「許されざる者」、「タクシードライバー」、「レッド・サン」、「荒野の七人」、「老人と海」&「埋もれ木」{テレビ(BSアナログ)放映情報}の記事で、NHK-BS2の『衛星映画劇場』にて、来月6月4日(木)の21:00〜23:03に放映される「許されざる者」をクリント・イーストウッド監督・製作・主演の西部劇ドラマ映画作品「許されざる者」と記しましたが、正しくはアラン・ルメイの同名原作小説をジョン・ヒューストン監督がバート・ランカスター、オードリー・ヘップバーン主演、オーディ・マーフィ、リリアン・ギッシュ、ジョン・サクソンら共演の西部劇人間ドラマ映画作品「許されざる者」でした。
因に私は原作未読、映画未見です。
巨匠ジョン・ヒューストン最初の西部劇監督作品にして、オードリー・ヘップバーン最初で最後の西部劇出演作品とのことです。
誤った情報を掲載していまい、大変申訳ありませんでした。訂正の上、謹んでお詫び申し上げます。
放映作品及び日時につきましては、念のため番組ホームページ(『NHK BSオンライン』)にてお確かめ下さい。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 22:17| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

「デイープ・ハザード<未>/Memorial Day」

「デイープ・ハザード<未>/Memorial Day」
1998年製作 米国
監督:ワース・キーター 製作/脚本:ジェフリー・クラーク 撮影:シルヴェイン・ブロールト 音楽:ロジャー・ローク
出演:ジェフ・スピークマン、ステファニー・ニズニック、ブルース・ウェイツ、フレデリック・コフィン、ポール・マンティ、モンゴ・ブラウンリー、ロブ・ラベル、ジョー・エステヴェス

以前の投稿記事で取り上げていますアルバート・マグノーリ監督、マーク・ディザール製作のストリート・クライム・アクション映画作品「ナイト・ハンター<未>」
で主演を務めている、剛柔流空手黒帯7段とアメリカン・ケンポー・カラテ黒帯7段の修得者、ジェフ・スピークマン主演のアクション映画作品です。本作も日本劇場未公開作品です。

ストーリーはそう悪くはないやにも思わなくもないですが、ありがちなものですし、この手の作品にはありがちといえばそうなのやも知れないものの、取って付けたようだったり、おざなりだったり、大雑把だったり、舌足らず気味、強引気味だったりして"説得"や"納得"に欠け、ご都合主義にも感じられる設定やプロット展開には整合性が見て撮り難く、良くわからずに、どうもしっくり来ず、気になってしまうところはありますし、映像の濃淡というか、色合いのせいもあって、よりチープに映る気がします。一つの国の中にある二つの国を描くというようなものでもあるやにも思われて、その意味では深みや含みも感じられなくはないだけに、目新しさもなく、通り一遍な感じがして物足らないのは、勿体なく残念に思います。予算の関係もあるでしょうし、派手な演出なぞは期待すべくもありませんが、その分細かな演出にもうチョッと配慮してくれていたら、もうチョッと締まった見応えのある作品に仕上がっていたのではと些か残念な気もします。

冷戦が終結し、ソ連の脅威は今は昔となり、財政緊縮のやり玉に挙っている軍や諜報機関の重要性を国民に認識させ、財源を確保するため新たな敵・旧共産圏エージェントを集めた"レッド5"なるハイテクテロ組織の存在を捏造し、スターウォーズ計画名残の機密試作レーザー衛星、"イーグル"を使ってテロ活動を偽装して国民の脅威を煽る"エージェンシー"なる米政府の反体制派に属する情報局上層部グループの陰謀に利用されようとする、かつて"イーグル"の情報をマスコミにリークしたことで、"エージェンシー"により精神病患者にされて精神医学リハビリセンターに収容されていた元米国海兵隊大尉にして、"エージェンシー"の優秀な対テロ工作員、タフでデンジャラスでスマートな"エドワード・ダウニー"を演じているジェフ・スピークマンによる殺陣やアクションは派手さは余り感じませんが、流石空手家だけあり魅せられるものがあります。殺陣やアクション自体の見せ方も悪くないと思います。本作では然程フューチャーされている風ではありませんが、十八番の格闘シーンでの強過ぎない感じも好いです。"サンダーハンマーズ"は相変らず小気味良くスピーディでパワフルな見応えを感じます。やや老けて、患っている珍しいリンパ疾患により体重増加したものの、まだ以て中々ハンサムで好感が持てます。脚が遅いのは緊迫感を削いでしまっていて、残念な気がします。
"エージェンシー"の陰謀に利用され、加担する大統領候補、"ジェラルド・ランカスター"上院議員を演じる、ブルース・マルムース監督、スティーヴン・セガール主演のアクション映画作品「ハード・トゥ・キル」ではセガール演じる主人公のロス市警刑事、"メイソン・ストーム"の親友で内務調査課の"オマリー"警部補に扮している、ジョージ・ケネディ擬に映らなくもない気がするフレデリック・コフィン、"エージェンシー"の"代表”にその仕事ぶりを買われてリクルートされ、"代表"の命を受け陰謀を実行する軍人として諜報活動に人生を捧げて来た"ウィラード"大将を演じる、リー・マーヴィン擬に映らなくもない気がするポール・マンティや"ダウニー"の"エージェンシー"時代の頼れる上司にして師である"ジュールズ”を渋い味わいのある悪人面と演技で演じるブルース・ウェイツなぞ、派手さ、華やかさはありませんが、味のある燻し銀気味のキャストが脇を固めています。冒頭湖畔に呼び出された"ウィラード"大将に接触し、仲間に入るようリクルートする"エージェンシー"の一員を演じるマーティン・シーン擬のジョー・エステヴェスはマーティン・シーンの双子の弟です。かつて"ダウニー"が"イーグル"の情報をリークし、テロによる国家の危機を一掃するための自衛強化の必要性と、そのためにも軍や諜報機関の予算の大幅削減反対を訴え、"レッド5"によるとするテロ攻撃による国民の混乱を煽る"ランカスター"上院議員がゲスト出演するロサンゼルスのWWWスタジオのニュース番組のアンカーウーマン、"ロビン・コナーズ"に扮するステファニー・ニズニックはマージ・ヘルゲンバーガー系の個性的な顔立ちをした美人女優さんやに思います。

国家やその行政機構の有り様については、常に状況に合わせた修正と改善に務めるべく監視、注視、評価、検討することが必要なのだというようなことを再認識させられる気がしなくもありません...多少無理からかも知れませんが...権限や予算の縮小・削減こそが何にも増して最大の脅威であり、敵であり、闘う相手としてしまうような状況に陥ることの危うさと詰まらなさかしら...。

*心覚え(作品中に登場する台詞・人物・言葉・事物等)
「ナイト・ハンター<未>」のラストでも何からの引用で、何故かはわかりませんが、ウィリアム・シェイクスピアを引用した『"さらば王子 天使の歌に誘われ安息の床へ”』という台詞がありますが、本作でも何故かはわかりませんが、以下のようなシェイクスピアを引用した台詞があります。
『"人のすべきことは..."』『"すべてやる" "マクベス"だ』
『"未知の国への旅は.."』『"誰も生きて戻れぬ" "ハムレット"です』『"生きて戻る旅人"となるのだ』
『”悪魔も目的のため聖書を引用する" "しかし悪魔が聖書をー" "差し出すのは..."』『"悪党の作り笑いだ" "外は立派だが 芯は腐ったリンゴだ"』

先日ひょんなことから、園子温監督/原作/脚本のbitterで熱い青春ドラマ「HAZARD ハザード」を観直しました。前回初めて観たときは、じっくり観ることができなかったこともあってか、ファンであるオダギリジョーさん主演作品ながら、違和感や釈然としないところもあって、何やらチープで稚拙な印象ばかりが先立ってしまい、あまりピンと来ませんでしたが、今回改めて観て、やはりハッキリとはわかっていないのですが、何というか、bitterにシリアスなようで、bitterで愉しい戯れな...というような、...bitterで愉しい戯れなようで、bitterにシリアスな...というような、不思議な感じがして、結構惹き込まれてしまう中々興味深い作品に感じられました。見当違いやも知れませんが、社会の実現を求めるには、人生の傍観者でいてはならない...人生の実感を感じられず、気づけぬまま、感じず、気づかぬまま、不安や恐怖や、痛みや恐怖を感じられず、気づけぬまま、感じず、気づかぬままでいては、HAZARDを見落としてしまうというようなことを問いかけられ、訴えかけられ、気づかされるような、そして何か...何かに誘われている気もしたりします。以前の投稿記事で取り上げました李相日監督/脚本、加瀬亮さん、オダギリジョーさんと栗山千明さん主演のシニカルである意味幻想的な青春ドラマ映画作品「スクラップ・ヘブン」で感じたものにも似ているような、似て非なるような...漫然・漠然とした満たされぬ思いに突き動かされての無茶、無謀、無軌道な刺激と危険探しがそれまで気づけなかった新たな自分と社会を見出させる......犠牲を代償に...破滅を逃れるために...というようなものものを感じる気もしました。
何やらいつにも増して支離滅裂で見当いな戯言を綴ってしまった気がします...チープで稚拙なのは私の記事の方でした...。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 10:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞映画について(外国映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

「許されざる者」、「タクシードライバー」、「レッド・サン」、「荒野の七人」、「老人と海」&「埋もれ木」{テレビ(BSアナログ)放映情報}

NHK-BS2の『衛星映画劇場』では、来月6月4日(木)の21:00〜23:03には以前の投稿記事にそのワンシーンを描いた絵を掲載しました1992年・第65回米アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督・製作・主演の西部劇ドラマ映画作品「許されざる者」が、6月6日(土)の深夜25:00〜26:55{7日(日)午前1:00〜午前2:55}にはマーティン・スコセッシ監督、ポール・シュレイダー脚本、バーナード・ハーマン音楽、ロバート・デ・ニーロ主演、米国ABCで製作された主演TVミステリー・サスペンス・コメディ『こちらブルームーン探偵社』のNHKで放送されていた日本語吹替え版で声を当てていた浅茅陽子さんとイメージピッタリなシビル・シェパードや13歳で娼婦、"アイリス"を演じて1976年・第49回米アカデミー賞で作品賞、デ・ニーロの主演男優賞とハーマンの作曲賞と並んで助演女優賞にノミネートされたジョディ・フォスターら共演のアメリカン・ニュー・シネマの代表作の一つとされるサスペンスドラマ映画作品「タクシードライバー」が、6月10日(水)の21:00〜22:47にはテレンス・ヤング監督、アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、三船敏郎さんという胸躍る三代スター共演の奇想天外な娯楽西部劇映画作品「レッド・サン」が、6月11日(木)の21:00〜23:10には黒澤明監督/共同脚本、三船敏郎さんや志村喬さんら主演の一大傑作時代劇アクションドラマ映画作品「七人の侍」をジョン・スタージェス監督が製作をも務め、西部劇に翻案して、エルマー・バーンスタイン音楽、私と誕生日が同じなユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・ブッフホルツにブラッド・デクスターという後になってみると、胸躍る夢の共演でリメイク映画化したF氏も大好きな傑作品「荒野の七人」が、6月17日(水)の13:00〜14:28にはアーネスト・ヘミングウェイ晩年の作品で、1953年にピューリッツァー賞を受賞した同名有名短編小説を「荒野の七人」と同じジョン・スタージェス監督が映画化したカジキと息詰る死闘を繰り広げる孤高の老漁師"サンチャゴ"を演じる名優スペンサー・トレイシーの実に風合いのある妙演が冴え渡る名作ドラマ作品「老人と海」が、6月25日(木)の深夜24:40〜26:14{26日(金)午前0:40〜午前2:14}には小栗康平監督/共同製作/共同脚本、夏蓮さん主演の優しく温かいテンポとリズムをしていて、仄かに危う気さやエロチックさが感じられる気がしたりもするファンタジードラマ映画作品「埋もれ木」が放映されます。放送日時は念のため番組ホームページ(『NHK BSオンライン』)にてお確かめ下さい。
「埋もれ木」につきましては、人は自然(野生)環境が苦手でもある生き物故、覚悟と妥協なしにむやみに自然(野生)環境に足を踏み入れることなく、自然(野生)を尊ぶべきなのではないかと感じたりします。自然(野生)との距離感をいかにして保つかも大切な気がします。自然(野生)を破壊することは、理想・夢想・幻想・想像の崩壊、そして現実の破局に繋がるやに思ったりもします。不便なところは"ある意味"良いところやも知れません...。主人公の女子高生、"まち"を演じている全国7000人のオーディションで選ばれたとの夏蓮さんは若き日の富田靖子さんのように映る気がしたりもします。脇を固めているのは浅野忠信さん、坂田明さん、田中裕子さん、平田満さん、岸部一徳さん、草薙幸二郎ら良好い役者さん揃いです。山の深さ...曳き家...時間の漂い...何故か涙が滲みます...。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 23:31| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

「未来世紀ブラジル」{テレビ(BSアナログ)放映情報}

来月6月3日(水)の深夜24:55〜27:19{4日(木)午前0:55〜午前3:19}にNHK-BS2の『衛星映画劇場』にて、私が今はなき八重洲スター座で鑑賞した奇才テリー・ギリアム監督/共同脚本、ジョナサン・プライス主演、ロバート・デ・ニーロら共演のコンピューターによる徹底した情報統制がなされている近未来の仮想国ブラジルを舞台に、管理社会の悪夢を独特の世界観でバイオレンスにしてコミカル、生々しくもファンタジックに描き、シニカルに風刺したSFブラック・コメディ映画作品「未来世紀ブラジル」が放映されます。放送日時は念のため番組ホームページ(『NHK BSオンライン』)にてお確かめ下さい。
以前の投稿記事で実在の作家フランツ・カフカが、その著書の一つである『変身』を執筆中に、彼の作品で一貫して表現している不安と孤独を漂わせ、独特の不条理感に満ちた非現実的で幻想的な世界観や雰囲気が感じられるかの迷宮の悪夢に陥るというユニークなフィクションで、陰謀ミステリーものとしての要素も備えているやに思えるスティーヴン・ソダーバーグ監督、ジェレミー・アイアン主演によるサスペンス映画作品「KAFKA/迷宮の悪夢」を取り上げた際にも記しましたが、「KAFKA/迷宮の悪夢」終盤クライマックスでのロボトミー(洗脳)手術を施された鉱山事故死者の記録に顔写真が貼ってある笑う男性の脳の表皮が天井裏のレンズの部屋の大きなレンズに顕微鏡を通して大映しになる様が不気味なシーンには、本作を想起させられます。ロバート・デ・ニーロは反政府テロの容疑者にして非合法のダクト修理工の"アーチボルド 'ハリー' タトル"をダンディー、ミステリアスで魅力的に演じて魅せてくれていると思います。

先日投稿しましたウィリアム・シェイクスピアの喜劇戯曲の代表作のひとつ、『夏の夜の夢』を人形劇大国チェコが誇る人形アニメの巨匠、イジー・トルンカが監督と脚本を手掛けて人形アニメ映画化した「真夏の夜の夢(Anime)」{テレビ(BSアナログ)放映情報}の記事で観てみたいと記していました同原作をマイケル・ホフマン監督が製作と脚本をも手掛け、舞台を19世紀初頭のイタリアはモンテ・アテナに翻案して、ケヴィン・クライン、ミシェル・ファイファー、ルパート・エヴェレット、スタンリー・トゥッチ、キャリスタ・フロックハート、ドミニク・ウェスト、アンナ・フリエル、クリスチャン・ベイル、デヴィッド・ストラザーン、ソフィー・マルソー、ロジャー・リース、サム・ロックウェルやバーナード・ヒルら豪華キャストでリメイク映画化したエロチックなファンタジック・ロマンス・コメディ作品「真夏の夜の夢」を近所のレンタルビデオ店でDVDを借りて観みました。
さり気なく粋でウィットと遊び心が見て取れる演出、美しく幻想的な映像、フェリックス・メンデルスゾーンの同名序曲をはじめとした神秘的、幻想的でメルヘンチック、ロマンチックで甘く優美で柔らかな音楽と出演者の粋でスマートでエレガントな演技で彩られたドリーミーでファンタジックな美しく素敵なお伽噺..."真夏の夜の夢"に感じられて、爽快でめでたくハッピーな感動を覚えるやのそつのない仕上りをした作品という気がします。ケヴィン・クライン扮する"ボトム"ら6人の職人たちがデヴィッド・ストラザーン演じる"シーシアス"公爵とソフィー・マルソー扮するその美しき花嫁の"ヒッポリタ"らの婚礼祝いに披露する劇中劇もユーモアとペーソスが感じられて愉快に面白くて中々見応えあるやに思います。おっちょこちょいな妖精"パック"を演じているスタンリー・トゥッチは、そのトリックスター振りはコミカルで愛嬌があるやに感じられるかと思えば、ラストの口上なぞは心に触れるものがあったりして、何やら素敵に映る気がします。オープニングのタイトルバックデザインも素敵に映る気がします。自転車は中々象徴的で印象的なガジェットに感じられます。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 19:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

『三遊亭京楽 チャリティー寄席 ミュージカル環境落語「シマミミズ ラッパーの恋」』のご案内

ご紹介リンクで紹介しております地球環境のために・・・ 株式会社国際環境デザイン協会の代表取締役が実行委員として携わられている赤坂環境落語実行委員会 エスプラナード赤坂商店街振興組合主催により、来る6月27日(土)〔13:00開場 14:00開演 16:45終了予定〕に赤坂区民センター区民ホール〔受付4階〕にて『三遊亭京楽 チャリティー寄席 ミュージカル環境落語「シマミミズ ラッパーの恋」』{入場料 大人(中学生以上)2,000円 子供(小学生)500円}が開催されます。環境問題や落語にご興味をお持ちの方は是非、足をお運びになってみてください。

*詳細・前売り予約・お問い合わせにつきましては、以下のホームページをご参照されるか、連絡先へお問い合わせください。

□エスプラナード赤坂商店街振興組合 オフィシャルサイト

◆入場料
 大人(中学生以上)2,000円/子ども(小学生)500円
◆お申し込み 
 お名前、ご住所、必要枚数を表記のうえFAXまたはホームページからお願いいた
 しますとのことです。
 郵便振替用紙同封でチケットを郵送いたしますとのこです。
 FAX:03-5561-9128 URL:http://www.e-akasaka.com/
◆お問い合わせ
 03-5561-9125 エクスプロナード赤坂商店街振興組合
 (電話受付時間 平日午前11時〜午後6時とのことです)

※収益金は、日本赤十字社等を通じて環境保全のために寄付されるとのことです。

真打・三遊亭京楽 プロフィール
平成4年にスピード昇進で真打ちになり、以来古典落語ネタ200席のほか、防災落語、福祉落語、環境ミュージカル落語など新作落語の公演活動にも意欲的。平成10年より毎年米国で公演。平成14年には日本赤十字社に功績が認められ、高円宮妃殿下より「金色有功賞」を授与。平成10年より、米国各地で英語字幕で公演。

三遊亭京楽師匠.gif

尚、演目は、真打による現代の親子・夫婦・家族へ送る古典落語からのメッセージ:「子別れ」、ミュージカル環境落語:「シマミミズ ラッパーの恋」と二つ目三遊亭きつつきさんによるイキでエコな人力車の物語:「反対俥(はんたいぐるま)」とのことです。

「シマミミズ ラッパーの恋」 STORY
さっちゃんはどこへ行くにもシマミミズを連れていく、ぜん息持ちの少女。ある日、友人の久雄たちと川原に行くことに。3年前にはたくさんの魚が暮らす川だったが、今年はその姿を見つけることができなかった。

「エブリバディー・カモーン!」
コンクリートの川原で、突如、踊り出す巨大なヤマミミズ。さっちゃんのシマミミズも、ラップのリズムに乗りながら人間たちに問いかける。「豊かな土はどこ? 大きな木はどこ? きれいな海はどこ? 抜けるような澄みきった青い空はどこ? 取り戻すことはできるの?」

そして久雄は、さっちゃんの手をそっと握りながらこう叫ぶ。

"100年かけて壊した地球を 100年かけて取り戻そう 僕らの未来の天使のために 僕らの未来の天使のために”


ミミズなどの環形動物は、遥か太古の昔からこの地球の生態系・環境形成・維持にとても重要な役割を担ってきているとてもありがたい生き物なのだそうです。

出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ウォルター at 12:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

「真夏の夜の夢(Anime)」のテレビ放映時間誤りの訂正、お詫びと日時変更のお知らせ

先日投稿しました「真夏の夜の夢(Anime)」{テレビ(BSアナログ)放映情報}の記事で、NHK-BS2の『衛星映画劇場』にての放映時間を本日5月7日(木)の午後2:00〜午後3:39と記しましたが、正しくは午後1:00〜午後2:39 だったようです。誤った情報を掲載してしまったようで、申訳ありませんでした。訂正の上、お詫び申し上げます。
尚、『国会中継』に伴い、放映日時は5月28日(木)の午後2:35〜午後3:51に変更になっているとのことです。
念のため番組ホームページ(『NHK BSオンライン』)にて放映日時をお確かめ下さい。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 21:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする