2008年09月25日

復調かしら...

IMG_0741.JPG IMG_0733.JPG
Click to enlarge

鑑賞映画についての投稿記事を中々まとめられませんので、先の第65回ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しましたダーレン・アロノフスキー監督のプロレス・アクション・コメディ・ドラマ映画作品「ザ・レスラー(原題)」に主演しているミッキー・ロークを以前に描いたへたくそな絵ですが、掲載して、またしてもお茶を濁したいと思います。以前の投稿記事で取り上げていますウィリアム・ヒョーツバーグの原作小説『堕ちる天使』をアラン・パーカーが監督と脚本を手掛けて映画化したホラー・ミステリー作品「エンゼル・ハート」のワンシーンを描いたものと思われます。当時のセクシーな危険な容貌が懐かしまれたりもします。デジカメで撮影したのですが、異なった撮影モードで撮影した2点を掲載しておいてみたいと思います。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 22:20| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は。

ステキなイラストですね!ウォルターさん、ミッキー・ローク、お好きですよね〜。
私は、それほどでもないんだけど、「ザ・レスラー」は是非見たいです。どんな演技を見せてくれるんでしょう。楽しみですね。!(^^)!
Posted by ごみつ at 2008年09月26日 00:56
ごみつさんへ

コメントありがとうございました。

またしても私めの拙い絵をステキなイラストなぞとおっしゃっていただけて、気恥ずかしくも嬉しいです。
性懲りもなく、といか未練がましくというか、しぶとくミッキー・ロークのファンで居続けていましたら、昨今の出演作や演技を観るに、痛々しく感じたりすることもないではないですが、ここに来て本格的な復調の兆しというか、俳優としての再生の一歩を踏み出したやに見受けられる気もして嬉しく思ったりしています。
まあ、この絵の当時は一世を風靡していましたし、ファンだったという人も多いのではないかと思いますが...。
是非にとまでは申せるかどうかは何ですが、「ザ・レスラー(原題)」も観てみたいですし、今後の活躍には期待したいですし、楽しみです。
Posted by ウォルター at 2008年09月26日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107137648

この記事へのトラックバック