2009年04月09日

「萌の朱雀」{テレビ(BSアナログ)放映情報}

来月5月16日(土)の深夜25:00〜26:35{17日(日)午前1:00〜午前2:35}には同じNHK-BS2の『衛星映画劇場』にて、河瀬直美監督/脚本のドラマ映画作品「萌の朱雀」が放映されます。
舞台となる監督の地元緑豊かな自然に抱かれた奈良県は吉野村にある山間地の里の美しさと緩やかに過ぎるかの時と叙情的に描かれるそこに住まう人々の緩やかな心の動きと、彼らに降り掛かる現実の不便さ、厳しさと、全編に漂うミステリアス、サスペンスフル、淫靡にすら感じられる危う気な緊張感と、そして出演者の微妙で危う気な演技と存在感のシビアなコントラストと調和には心揺さぶられて、堪らないものがある気がします。あざとかったり、意地悪だったりもするのかしら...。
劇場長編映画監督デビューとなった河瀬直美監督が1997年・第50回カンヌ映画祭において、日本人初、史上最年少で新人監督賞にあたるカメラ・ドール賞を受賞した作品です。河瀬監督は、本作の十年後に監督/プロデュース/脚本を手掛けたドラマ映画作品「殯(もがり)の森」で2007年・第60回カンヌ映画祭の審査員特別グランプリを受賞していています。
「殯の森」と本作ですと、本作の方が好きだったりします。

話は変わりますが、Perfumeのニューシングル『ワンルーム・ディスコ』には、ペット・ショップ・ボーイズ『West End girls』を聴いたときとのような衝撃を受けてしまいました。

本日4月9日(木)の深夜26:59〜27:34{10日(金)の午前2:59〜午前3:34}にTBSにて、公認会計士の山田直哉さんの同名小説小出早織さん主演でTVドラマ化された『女子大生会計士の事件簿』の第10話『釣竿屋はなぜ潰れないか』が再放送されます。
犯罪サスペンス・ミステリーTVドラマシリーズ『ケータイ刑事(デカ)』『ケータイ刑事 銭形雷』での銭形四姉妹の従姉、"銭形雷”役から早2年、(チョッピリ)大人びた小出早織さんの魅力が益々素敵に感じられます。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 00:24| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜河瀬直美監督がカンヌから功労賞。すごい方ですね。
Posted by ラブりん at 2009年04月22日 14:48
ラブりんさんへ

遅ればせながらですが、コメントありがとうございました。

この度の河瀬直美監督のカンヌ映画祭『黄金の馬車賞』受賞については、これまでの受賞もそうですが、それ以上に、全く予想だにしていなかったこともあって、もう一つピンと来ない気がしないでもなかったりしますが、ともかく喜ばしいこととは思います。
彼女に限らず、日本の、そして世界の映画人たちの更なる新たな活躍に期待し、応援したいです。
Posted by ウォルター at 2009年04月25日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック