2009年05月18日

「許されざる者」、「タクシードライバー」、「レッド・サン」、「荒野の七人」、「老人と海」&「埋もれ木」{テレビ(BSアナログ)放映情報}

NHK-BS2の『衛星映画劇場』では、来月6月4日(木)の21:00〜23:03には以前の投稿記事にそのワンシーンを描いた絵を掲載しました1992年・第65回米アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督・製作・主演の西部劇ドラマ映画作品「許されざる者」が、6月6日(土)の深夜25:00〜26:55{7日(日)午前1:00〜午前2:55}にはマーティン・スコセッシ監督、ポール・シュレイダー脚本、バーナード・ハーマン音楽、ロバート・デ・ニーロ主演、米国ABCで製作された主演TVミステリー・サスペンス・コメディ『こちらブルームーン探偵社』のNHKで放送されていた日本語吹替え版で声を当てていた浅茅陽子さんとイメージピッタリなシビル・シェパードや13歳で娼婦、"アイリス"を演じて1976年・第49回米アカデミー賞で作品賞、デ・ニーロの主演男優賞とハーマンの作曲賞と並んで助演女優賞にノミネートされたジョディ・フォスターら共演のアメリカン・ニュー・シネマの代表作の一つとされるサスペンスドラマ映画作品「タクシードライバー」が、6月10日(水)の21:00〜22:47にはテレンス・ヤング監督、アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、三船敏郎さんという胸躍る三代スター共演の奇想天外な娯楽西部劇映画作品「レッド・サン」が、6月11日(木)の21:00〜23:10には黒澤明監督/共同脚本、三船敏郎さんや志村喬さんら主演の一大傑作時代劇アクションドラマ映画作品「七人の侍」をジョン・スタージェス監督が製作をも務め、西部劇に翻案して、エルマー・バーンスタイン音楽、私と誕生日が同じなユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・ヴォーン、ホルスト・ブッフホルツにブラッド・デクスターという後になってみると、胸躍る夢の共演でリメイク映画化したF氏も大好きな傑作品「荒野の七人」が、6月17日(水)の13:00〜14:28にはアーネスト・ヘミングウェイ晩年の作品で、1953年にピューリッツァー賞を受賞した同名有名短編小説を「荒野の七人」と同じジョン・スタージェス監督が映画化したカジキと息詰る死闘を繰り広げる孤高の老漁師"サンチャゴ"を演じる名優スペンサー・トレイシーの実に風合いのある妙演が冴え渡る名作ドラマ作品「老人と海」が、6月25日(木)の深夜24:40〜26:14{26日(金)午前0:40〜午前2:14}には小栗康平監督/共同製作/共同脚本、夏蓮さん主演の優しく温かいテンポとリズムをしていて、仄かに危う気さやエロチックさが感じられる気がしたりもするファンタジードラマ映画作品「埋もれ木」が放映されます。放送日時は念のため番組ホームページ(『NHK BSオンライン』)にてお確かめ下さい。
「埋もれ木」につきましては、人は自然(野生)環境が苦手でもある生き物故、覚悟と妥協なしにむやみに自然(野生)環境に足を踏み入れることなく、自然(野生)を尊ぶべきなのではないかと感じたりします。自然(野生)との距離感をいかにして保つかも大切な気がします。自然(野生)を破壊することは、理想・夢想・幻想・想像の崩壊、そして現実の破局に繋がるやに思ったりもします。不便なところは"ある意味"良いところやも知れません...。主人公の女子高生、"まち"を演じている全国7000人のオーディションで選ばれたとの夏蓮さんは若き日の富田靖子さんのように映る気がしたりもします。脇を固めているのは浅野忠信さん、坂田明さん、田中裕子さん、平田満さん、岸部一徳さん、草薙幸二郎ら良好い役者さん揃いです。山の深さ...曳き家...時間の漂い...何故か涙が滲みます...。

allcinema ONLINE 映画データベース

時効事案も含めて未解決事件が一つでも多く早期の解決を見ることを望むものです。
posted by ウォルター at 23:31| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画にまつわる... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は!

6月はBSでけっこう良い作品がたくさんやりますね!私は、かなり昔に見たきりなので「レッドサン」が超楽しみです。
「許されざる者」と↓記事の「未来世紀ブラジル」も大好きな作品です!

それと「ハプニング」がやっとレンタル出来たので記事にしてみました。TBも入れさせていただきました。事後報告でごめんね。
Posted by ごみつ at 2009年05月19日 14:39
ごみつさんへ

コメント及び「ハプニング」を取り上げました投稿記事へのトラックバックありがとうございました。

私も「レッド・サン」は楽しみです。是非観逃さないようにしたいと思います。

ごみつさんのブログの「ハプニング」の記事、早速拝読させていただきました。こちらからもトラックバックさせていただきました。事後報告なぞと気になさらないでください。
Posted by ウォルター at 2009年05月19日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119769629

この記事へのトラックバック