2006年09月27日

『アマンダ』

おことわり*
記事の続きには、まだ本小説作品を読まれていない方が読まれると多少とも作品の面白さを損なう可能性がある内容が含まれているやも知れません。気になる方はお読みにならないことをお勧めします。


今回またしても、購入したまま、読まずに書棚に眠っていた本の内、以前このブログの投稿記事で取り上げたマイケル・ダグラス主演のサイコ・サスペンス・スリラー映画作品「サウンド・オブ・サイレンス」の原作『秘密の友人』の作者、アンドリュー・クラヴァンの『アマンダ』を読みました。

冒頭のマサチューセッツ州のハニカットという小さな田舎町で起きた飛行機墜落事故の大惨劇により、地獄絵図と化した町で起きた謎めいた出来事からはじまる主人公の少女、"アマンダ"と母親の"キャロル"の逃亡劇に一気に惹き込まれてしまいました。

登場人物、特に"アマンダ”と彼女に近しく接し、関わっている人々、愛娘"アマンダ”を愛し、彼女のを魔の手から守るためには、あらゆる手段をも厭わない賢く狡猾、タフで生命力に溢れた母親、"キャロル"、愛する妻の不条理で不遇の死のトラウマに苛まれ続け、運命の悪戯から"キャロル"に出会い、事件に巻き込まれ、共に逃亡劇を繰り広げるはめとなるサックス奏者"ルーニー”や母娘の逃亡を幇助する元密輸業者の"チャブ"、"アマンダ"を預かる正直、聡明、温和で愛情豊かな中年女性"ジーナ"や肺の腫瘍の病気に犯され人生の絶望の渕にあった大学の古典学の教授"ロス”も実に魅力的に描かれています。

"アマンダ"と"ロス"とのかけあい、"ロス”が"アマンダ”にギリシャ神話を語って聞かせるシーンの描写は、光景がまざまざと目に浮かぶようで、微笑ましく、ピュア、感動的で、"アマンダ”の真摯な眼差し、生真面目なしかめつらしい表情、心を揺さぶられる容姿、謎めいた子供らしさと無垢な英知に心の琴線を揺さぶられ、ついつい目頭が熱くなってしまいます。著者の子供に対する眼差し、慈しみ、賞賛や畏敬故なのか『秘密の友人』に於ける"ジェシカ”といい、その描写は卓越し、見事で素敵やに思います。

ただ雇われ殺し屋の"ウィンター"には違和感を禁じ得ません。パロディなのか、コメディなのか、滑稽にさえ感じてしまいます。<執行決定>という国際的準軍事組織の北アメリカ支社の支社長にして最高の人材とされていながら、組織力、情報収集力、調査力と機動力に依拠しているばかりやに見てとれてしまって、彼自身は取り立てて卓越したといえる能力や洞察力を発揮しているやに見受けられません。追跡対象である"キャロル”達に先んじて如何なる有効で画期的な手だてをも講じているようには思えず、部下の処遇についても恐怖による服従を強いているにすぎない印象が強く、安っぽい冷徹さの印象ばかりが強く、優れているとは思えませんし、自らミスター・ビジネスマンたろうとしながら、スマートさやスペシャルさを感じさせず、自らの自己顕示欲やサディスティックさの虜に成り下がっている精神病質傾向者に感じられ、到底最高の人材とは見なせません。人物像の魅力と背景や人間味の描写にも乏しい気がします。彼の部下たちの方が、人間的興味・面白みが感じられるやに思います。それから殺人すら厭わず請け負う組織とは言え、仮にも(たかだか一)企業業務でありながら、母娘の逃亡に関わりのある者をことごとく殺害して処分するというのは、本作に於いては安直に過ぎて、巧妙さに欠ける気がしなくもありません。
著者の描写に問題があるというよりも"ウィンター”についてはこうした役柄設定なのだと解釈、納得しており、上述のしっくりしない点を差し引いても、十分面白い作品であります。

此だけのスピード感ある、サスペンスフルでエキサイティングな展開ながら、フェードアウトするかのラストは、感動的で優しく温かな余韻と想像(希望)の余地を残してくれているやに思えるのも好いです。

とにかくなんといっても主人公の少女"アマンダ”が、素晴らしく魅力的(に描かれており)、文庫の表紙の女の子の写真が正に"アマンダ"のイメージにピッタリなのは驚嘆で、印象に強いです。

スティーブン・キングの『ファイアー・スターター』に似ていると言えば似ていなくもないやに思います。書き忘れていましたが、"ジーナ"が"ロス"に”たた、あの子(アマンダ)に死んでほしくないだけ、それだけよ”と思いの丈を語るのを聞いて"ロス"が言う"死ぬ!なんだ、冗談だろう?誰があの子を殺すんだ?どこかの冷血な多国籍企業か?あの子には古典の教授と引退した主婦が見方についているんだ。悪人どもには勝ち目はないさ”の受け答えの文句には痛快さ、心強さ、温かさ、慈しみ、素敵さと感慨を覚えて、堪らない気持ちになりました。
posted by ウォルター at 23:18| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだ本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秘密の友人は間違いなく読んだのに、内容を完全に忘れてしまいました(笑)
読ませていただいたら「アマンダ」は間違いなく、読んでないです(苦笑)

>上述のしっくりしない点を差し引いても、十分面白い作品であります。

設定その他でしっくりこない作品てあると思うのですが、それを帳消しに出来るのは、全体のストーリーだったり、

単にその作家の本は出たら、必ず読む

だけのことだったり。
駄文失礼致しました
Posted by ふる at 2006年09月28日 17:02
ふるさんへ

コメントありがとうございます。この投稿記事にコメントを頂けるとは、思いがけず、ことのほか嬉しいです。

ふるさんの申されていることには大いに頷かされるところがありますが、本作に関してのそれは、人物設定・役所から、著者がそのシニカルさをもって作為的に読者に違和感を抱かせるようなたわい無気で滑稽さすら感じさせるやの人物描写をされているのやも知れないなどと思ったりしなくもありませんし、それで尚十分面白い作品で堪能出来たのですから、それで良さそうなものの、でも、それでも尚、重要な登場人物でもありますし、もう少しでも興味深くなり、魅力的になり描いて欲しかったとの惜しみは無きにしも非ずです。
我ながら(我故にでしょうか)枝葉末節事に何故にかこだわり過ぎやにも思います(恥笑)。
風邪気味故でしょうか(笑)。
Posted by ウォルター at 2006年09月28日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24531867

この記事へのトラックバック