2007年03月02日

私のタッチでは...

IMG_1314.jpg WEFEPlfB.jpg 
Click to enlarge

チョッと部屋で探し物をしていましたら、昔使っていたスケッチブックが出て来ました(肝心の探し物は見つかっていませんが...)。数ページしか使っておらず、まだ使える良い物を見つけたとチョッピリ得した気分だったりするのですが、使っているページと挟まっていた画用紙に、チョッと私のタッチではないような絵が描かれていましたので、掲載してみたいと思います。
1992年・第65回米アカデミー賞で作品賞をはじめ4部門受賞のクリント・イーストウッド監督・製作・主演の西部劇ドラマ「許されざる者」のワンシーンと第35代米合衆国大統領ジョン・F・ケネディを描いたものと思われます。「許されざる者」の公開当時ですと今から約14年前に描いたことになりますが、出来の酷さよりも、こんなタッチでも描いたこともあったのか、とチョッと意外な発見をした気もします。

allcinema ONLINE 映画データベース
posted by ウォルター at 00:23| ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ!このタッチもなかなか味があって良いですね。

人物はこっちの方が好きです!
真面目な話ウォルターさんの絵を表に出してみたいですね。
だって才能の塊ですよ!!
Posted by OZZY at 2007年03月02日 22:06
今晩は〜。

へ〜、ホントいつものウォルターさんのタッチとは違う感じだけど、とてもステキですね。

ケネディのは、アメリカ人の描いた絵みたい。
「エコノミスト」とかの表紙にしても良いんじゃないですかね。

イーストウッドは、「許されざる者」のラストシーンあたりの彼だよね!
凄く良く雰囲気が出てます。
私この映画、大好きなのよ〜。ラストのあのカタルシスはたまらないよね〜。

まだまだお宝イラストが、ウォルター家には眠っていそうですね!

Posted by ごみつ at 2007年03月02日 23:51
OZZYさんへ

コメントありがとうございます。

いつも嬉しいご意見をお聞かせ頂き、絵を描く意欲を起こさせられる気がします。

投稿記事にも記しましたが、自分がこうしたタッチで絵を描いていたのは、些か驚きな気がします。お気に召して頂けて、嬉しいです。
私の絵なぞ、落書きレベルやにも思いますので、このブログで目にして頂き、そればかりか、OZZYさんのように仰って頂ける方がいるのを知るだけで、幸せです。ありがとうござます。
Posted by ウォルター at 2007年03月03日 00:08
ごみつさんへ

コメントありがとうございます。

ステキなぞと言って頂けて、気恥ずかしくも嬉しいです。

繰り返しになりますが、とにかく絵の出来如何よりも自分がこうしたタッチの絵を描いていたことが意外な気がします。どうした心境だったのでしょうか。「許されざる者」については、観て感動し、描いてみたいという衝動に駆られたのやも知れませんが、ケネディ大統領を描いたのは、どうしたわけなのかしらとも思います。前年公開の「JFK」を観たときは「許されざる者」を観たとき程感動を覚えた記憶はありませんが...。
「許されざる者」は作品としては、ごみつさんが仰られているラストのカタルシスとともに、過酷さややるせなさの余韻が相俟って心地良くも切ない感じが、何ともいえません。陰影に富んだ映像にも魅入られる気がします。クリント・イーストウッドの狼狽えの表情、特に目の表情の演技も堪りません(絵には目が描かれていませんが...)。
Posted by ウォルター at 2007年03月03日 01:37
私も似顔絵は得意ですが、独特のタッチが素晴らしいですね。特に「許されざる者」は見た瞬間、本文を読むまでもなく、分かりましたよ!
Posted by imagine-peace at 2007年03月04日 22:34
imagine-peaceさんへ

コメントありがとうございました。

imagine-peaceさんも絵を描かれるのですネ。見てみたい気がします。お褒めの言葉を頂き、恐縮ながら嬉しいです。しかしながら、この絵、私のタッチではない気がして、描いた時に何やら心境の変化でもあったのかしら、それとも誰かの真似かしら、と思ったりしています。また同じようなタッチで描けといわれても、難しい気もします。「許されざる者」を描いたと思われる絵の方は、落書きレベルの酷い出来やにも思いますが、敢えて言わせて頂きますと、左の目元のみは何となく描けてるやに感じます。分かって頂けて嬉しいです(笑)。
Posted by ウォルター at 2007年03月05日 14:40
私のブログ内、右サイドバー下の、サイト内検索に「似顔絵」と打ち込んで頂ければ、今は2枚くらいの私の学生時代の絵がご覧頂けますよ。(笑)お恥ずかしいですが。
Posted by imagine-peace at 2007年03月05日 22:42
imagine-peaceさんへ

コメントありがとうございます。

早速拝見させて頂きました。中学生の時分に描かれたとのことですが、とてもお上手で、素敵な似顔絵ですネ。タッチが絶妙で、既にプロの腕前やに思います。特に1枚目の絵(ジャック・ニクラウスかしら)は、とても好きな感じです。恥ずかしいのは、私の方です。益々自信喪失しそうです(笑)。
Posted by ウォルター at 2007年03月06日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Play with Jackson Browne / ジャクソン・ブラウンとの共演!
Excerpt: I like West Coast music in particular. Above all, I love Jackson Browne. He is known for beautiful m..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]
Tracked: 2007-03-06 11:23