2007年06月29日

『第13回 三遊亭京楽 「チャリティー寄席」 大笑い!!ミュージカル環境落語!!』明日開催のご案内

予てより投稿記事とPRで紹介しております『第13回 三遊亭京楽 「チャリティー寄席」 大笑い!!ミュージカル環境落語!!』が明日6月30日(土)〔13:00開場 14:00開演〕に赤坂区民センター区民ホール〔受付4階〕(入場料2,000円〔当日〕 1,500円〔前売〕)にて開催されます。環境問題や落語にご興味をお持ちの方は是非足を運んでみてください。

*詳細・お問い合わせにつきましては、以下のホームページをご参照されるか、連絡先へお問い合わせください。

□エスプラナード赤坂商店街振興組合 オフィシャルサイト

◆お問い合わせ 
03-5561-9125 エスプラナード 赤坂
電話受付時間は平日午前11時〜午後6時(土・日・祝は不在)となっているとのことです。
インターネットホームページ

※収益金は、環境と福祉のために寄付されるとのことです。

真打・三遊亭 京楽 プロフィール
平成4年にスピード昇進で真打ちになり、以来古典落語ネタ200席のほか、防災落語、福祉落語、環境ミュージカル落語など新作落語の公演活動にも注力中。平成10年より毎年米国で公演。平成14年には日本赤十字社に功績が認められ、高円宮妃殿下より「金色有功賞」を授与。

三遊亭京楽.gif

尚、演目は、真打による人の絆を大切にをテーマとする古典落語:「中村中蔵(なかむらなかぞう)」 、素敵なバラードとジャズにのせた感動のミュージカル環境落語:「ヒマラヤの北斗七星」と三遊亭大楽さんによる古いものを大切にをテーマにした古典落語:「火焔太鼓(かえんだいこ)」とのことです。

「ヒマラヤの北斗七星」 あらすじ
女医の姉とネパールへやってきた、パッパラフリーターのヨーコ。
ジャングルを抜けると、そこは星空。抜けるような満点の星の国。
黄金の花園に、村から村へ、そしてヒマラヤに美しい歌声が何処までも響きわたる。
エネルギーはどうすればいい?自然と人のバランスは?
本当に私たちに必要なものってなに?ほんとうに大切な物って?

笑顔の子供た達と明るいヨーコが、今、未来に向かって立ち上がる。迫力の映像、美しい自然、温かい家族。
大画面でたっぷり笑って、そしてしっとりりと、お楽しみ下さい。
posted by ウォルター at 07:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46188026

この記事へのトラックバック