2007年07月21日

「あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜」

「あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜」
1999年製作 日本
監督/脚本:大林宣彦 制作/企画:芥川保志、大林恭子 原作:山中恒『とんでろじんちゃん』(旺文社刊) 脚本:石森史郎 撮影:阪本典隆 音楽:學草太郎、山下康介
出演:小林桂樹、厚木拓郎、勝野雅奈恵、佐野奈波、宮崎あおい、久光邦彦、芥川志帆、小磯勝弥、入江若葉、上田耕一、石田ひかり、山本晋也、林泰文、天宮良、ベンガル、根岸季衣、ミッキー・カーチス、大前均、大和田伸也、嶋田久作、松田美由紀、菅井きん

若草の香るような熱く、濃く淡い、切な気な想いの思い出と想・思いやつきまとう苦い記憶と悔恨の念などの想・思いの継承のファンタジックな描写は絶妙な気がします。ノスタルジック、ロマンティック、ミステリアスさが、決してあからさまではなく、仄かに散りばめられた寸止め感にも惹き付けられる気がします。大林宣彦監督もDVDの特典映像で話されていますが、尾道の空の色の青さをはじめ映像が瑞々しく鮮やかで、趣きも感じられる気がします。大林監督お得意の映像技巧・技法も抑え気味な施され方、もしくは表出のされ方に感じられることもあり、独特とも感じられる気恥ずかしさや違和感は程良く感じられて、ある意味安心して観られて、好いやに思います。色々な想・思いや気持が作品の中に自然に盛り込まれ、表現されていて、決して説明じみてもいず、心にすっと伝わって来る気がします。未読ながら、原作の良さもあるのでしょうが、演出と演技の巧さもあるやに思います。お約束事も、大林監督の作品特有と思われるやの遊びも過ぎていず、エキセントリックさも程良く、とても上手い具合いに作品に馴染んでいて、素敵で見応えある作品やに思います。『新尾道三部作』の最終作にふさわしい作品やにも思います。

おじいちゃんの"大井賢司郎"とひいおじいちゃんの"大井賢之助”の二役を演じられている小林桂樹さんの誠実な妙演は、何とも素晴らしいと思います。ふんどしを翻して空を泳ぐ姿も剛毅、勇壮で楽しいです。おじいちゃんと不思議で素敵な夏休みをおじいちゃんの住まう尾道で過ごす"ボケタ”こと孫の"大井由太"を演じる厚木拓郎くんのキャラクター、演技、仕草、ナレーションも含めた台詞回しや笑顔が面白くて、可愛らしいです。本作がスクリーンデビュー作となる長恵寺の娘、"小林ミカリ”役の勝野雅奈恵さんの溌剌とした朗らかさと漂わせる純朴なエロスが何とも魅力的で好いやに思います(山本周五郎原作の同名小説を市川崑監督、岸恵子さん主演で映画化した時代劇ドラマ作品「かあちゃん」での彼女も好いやに思います)。おばあさん、"大井亀乃"役の菅井きんさんの温かさ、優しさや愛情が感じられる演技も素敵やに思います。小磯勝弥さん演じる"ホラタコの多吉”の無垢で粗野な卑しさや林泰文さん演じるほくろの先生、"久保勝彦”のほくろの嫌らしいさも印象的だったりします。"あずき屋治助”を演じる山本晋也さんも味わいが感じられて好いやに思います。大林監督は、本作でも映画デビューとなる宮崎あおいさんを起用し、その(新たな)女優さんの起用、発掘の手腕をまたしても発揮されています。彼女も脱がされていますが、切なる切ない気持ちがとても良く伝わって来るやに思います。他の出演俳優の皆さんも素敵な演技と存在感を放っていいいるやに思います。

語部が子供で、視点も子供であるということが、演じている厚木くんの台詞回しの旨さと相俟って、とても素直に作品を観れる気がします。気持ちの描写、吐露のさせ方が面白く絶妙な気がして心揺さぶられもします。 伝えよう伝えようしてばかりには感じられませんが、心にス〜と伝わっている 、伝わって来る気がします。

音楽もとても作品にマッチしていて、"あの、夏の日”の情景が思い浮かぶようです。

形あるものは何れ朽ち果てますが、想・思いは、疎通するのみならず、継ぎ継がれていかねば...いくよりないやに思います。

思考は、過去、行動は、現在...未来に向かって過去と現在を生きている...。

*心覚え(作品中に登場する台詞・人物・言葉・事物等)
「死んで思い出になったんよ」

allcinema ONLINE 映画データベース

あなたが失った記憶を私が覚えているということもある...。
posted by ウォルター at 00:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 鑑賞映画について(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48712666

この記事へのトラックバック

Summer Vacation / 夏休み
Excerpt: Most Japanese school break up for summer holidays on July 21 th. Summer vacation is the longest holi..
Weblog: 英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ [ English Cafe : Over the Sky ]
Tracked: 2007-07-21 14:47