2007年08月14日

「キックボクサー/KICKBOXER」

「キックボクサー/KICKBOXER」
1989年製作 米国
監督/製作:マーク・ディサール、デヴィッド・ワース 脚本:グレン・A・ブルース 撮影:ジョン・クランハウス 音楽:ポール・ハーツォグ
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ミシュエル・クイシ、デニス・アレクシオ、デニス・チャン、ハスケル・アンダーソン、ロシェル・アシュナ、スティーヴ・リー

公開時行き当たりばったりで銀座シネパトスで何の予備知識もなく観た作品です。

監督で製作者の一人、マークディサールは以前の投稿記事で取り上げたジェフ・スピークマン主演のアクション映画作品「ナイト・ハンター<未>」の製作、同じくジェフ・スピークマン主演のアクション映画作品「パーフェクト・ウェポン<未>」の監督/製作や本作同様、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の格闘アクション映画作品「ブラッド・スポーツ<未>」とアクション・サスペンス映画作品「ブルージーン・コップ」の製作を手掛けています。もう一人の監督で製作者のデヴィッド・ワースは上記の「ブラッド・スポーツ<未>」で撮影を手掛けています。

最初はまた安っぽい格闘アクション映画作品かなと感じつつ観たのですが、徐々に
惹き込まれて最後まで見入ってしまいました。

"ザ・ターミネーター"の異名を持つ元国際キックボクシング連盟(IKF)ヘビー級チャンピオンで日本のK1の試合に出場したこともあるプロキックボクサーのデニス・アレクシオ演じる全米キックボクシングチャンピオンの兄、"エリック・スローン"をマットに沈め、半身不随に追い込んだミッシェル・クィシ扮する世界最強(凶)のキック(ムエタイ)ボクサー、"トン・ポー”への復讐に臨む主人公の"カート・スローン"を演じる元ヨーロッパ空手選手権ミドル級チャンピオン、ジャン=クロード・ヴァン・ダムの筋肉の隆起した逞しい体が繰り出す華麗で見映えのする格闘アクションに一気に魅了されてしまいました。飛び後ろ回し蹴りには惚れ惚れします。デニス・アレクシオも中々演技達者やに思います。

自ら振り付けと監督を手掛けている切れ良い迫力が心地良くもある格闘シーンは見応えあるやに思います。稽古シーンもテンポ良く、盛り上げてくれます。昔の戦士たちが鍛錬をした石の都(遺跡)での稽古シーンには単純ながら、何か霊的なものが漂ってを感じる気がします。クライマックスの地下墓地での"カート"と"トン・ボー”の死闘シーンは、ほとばしる汗と血に熱くなり、正に血湧き肉踊るといった感じで、圧巻な気がしますし、ラストも痛快でシンプルで好いやに思います。

可笑しかったり、気恥ずかしく感じたりするやに思われるところもなくはないですが、観ている最中は気になりません。ジャン=クロード・ヴァン・ダム自身も携わっているお話しは、月並みといえば月並みですが、ジャン=クロード・ヴァン・ダムの初い垢抜けなさと相俟って、外連味が程好く感じられて、巧く魅せてくれているやに思います。心情描写なども意外とおざなりにはしていない気はします。

"カート"にムエタイを教える達人の"キサン・チョウ"を演じるデニス・チャンは好い味を出しているやに思います。存在感ある佇まいと雰囲気が魅力的やに思います。誰かに似ている気がします。"カート"たちを手助けする米軍元特殊部隊員の武器の調達屋、"ウィンストン・テイラー"を演じるハスケル・アンダーソンも好い味を出しているやに思います。鉢巻きが似合いそうな気がします。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムに代わりサシャ・ミッチェルやマーク・ダカスコスが主演を務めるシリー2作目以降も嫌いではないですが...。

*心覚え(作品中に登場する台詞・人物・言葉・事物等)
"Revenge is a dangerous motive " "It's also powerful one" ー『復讐は動機としては危険だが...』『強力です』

allcinema ONLINE 映画データベース

昨日まだ飲酒院食制限中ではありますが、久しぶりにF氏とお会いしましたので、チョッとだけ呑んで気持ちよく帰宅して即熟睡したまでは良かったのですが、今程目が覚めてしまい、まだほろ酔い加減ながら、だんだん目が冴えて来てもいて、中々再び寝付けそうにありません。今晩は比較的寝易い陽気な気もするのですが...。さっきF氏とまた今夜も寝苦しくて夜中に目が覚めるかしらなどという会話を交わしたような気もします...。
posted by ウォルター at 02:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞映画について(外国映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック