2007年09月12日

「ブルークリスマス/BLOOD TYPE:BLUE」

「ブルークリスマス/BLOOD TYPE:BLUE」
1978年製作 日本
監督:岡本喜八 製作:嶋田親一、垣内健二、森岡道夫 脚本:倉本聰 撮影:木村大作 美術:竹中和雄 編集:黒岩義民 音楽:佐藤勝 主題歌:CHAR『ブルークリスマス』 助監督:岡田文亮
出演:勝野洋、高橋悦史、沖雅也、岡田英次、竹下景子、仲代達矢、中条静夫、大滝秀治、新井春美、岡田裕介、八千草薫、天本英世、岸田森、神山繁、小川信司、稲葉義男、岡本みね子、松田洋治、大谷直子、草野大悟、小沢栄太郎、潮哲也、芦田伸介、中谷一郎、島田正吾、松本克平、永井智雄、田中邦衛

子供の頃に初めて観たときには、UFOとの遭遇に宇宙人の侵略といった前宣伝にもっとSFSFした作品を期待していたので、UFOは殆ど登場せず、宇宙人に至っては全く登場しませんし、UFOと遭遇したことで血が青く変色してしまうことも含めて、不明瞭な謎のままですし、何より救いのない暗い映画だなくらいにしか思わなかったのですが、最近ふとまた観てみたいなと思っていたところ、近所のレンタルビデオ店でレンタルしていたのを発見したので、借りて久しぶりに観ました。脚本を手掛けているのは倉本聰さんです。

指揮者の小澤征爾さんの息子さんで俳優の小澤征悦さんと本作の主人公、国防庁特殊部隊員の"沖退介"役を演じている勝野洋さんはチョッと似ている気がします。勝野さんのコート・ジャケットとジーンズの着こなしは、様になっているやに感じます。仲代達矢さん扮する京都で開催された国際科学者会議でUFOの実在を訴えた直後に謎の失踪を遂げた岡田英次さん扮する兵藤光彦教授を調査する国営放送JCB外信部員の"南一矢"の息子役を演じている子役時代の松田洋治さんは可愛らしくて懐かしいです。仲代さんが見せる怪訝気な表情は面白い感じがして好きです。岡田英次さんは格好良くて、魅せてくれます。"沖"の上官、"沢木"役を演じている高橋悦史さんの眉間に刻まれた深い皺は渋いやに思います。フィクサー役の天本英世さん、フィクサーの側近役の岸田森さんと病院の院長役の神山繁さんのスリーショットは何だか凄いものがある気がします。"南"の上司、"五代報道局長"を演じている小沢栄太郎さんは、いつもながら胡散臭さが何とも好いやに思います。"南"の友人で新井春美さん扮する青い血を持つ新人女優、"高松夕子"の恋人の雑誌記者、"木所"を演じている岡田裕介さんのモッサリ加減は味があって好いやに思います。

国営放送JCB局内の雑然とした感じが好いやに思います。竹下景子さん扮する"西田冴子"が恋人の"沖"に"沖"の実家に結婚を報告に行く道すがらにうらびれた駅のホームの待ち合い小屋で自分の秘密を打ち明けるシーンや"南”がニューヨークで兵藤教授の行方を調査するシーンはカット割、構図や木村大作さんのカメラワークが効果的な気がして、とても印象的です。演技をしているときの竹下さんは不思議な趣を放って感じられる気がします。CHARさんが歌う劇中"ヒューマノイド"なる人気ロックグループが放つ世界的大ヒット曲『ブルークリスマス』は中々好いやに思います。

プロットからして空恐ろしくて興味深いやに思いますが、特に前半のヒタヒタ、ジワジワと迫る謀略の描写は不気味さと空恐ろしさを増長し、作品を盛り上げているやに思います。後半は些か一面的に過ぎて力技な展開に感じ、説得や納得に弱い気がしなくもありませんが、人間の恐さ、残酷さと愚かさや、国家・社会・世界、メディアや集団心理の危うさの側面を浮き彫りにして、辛辣に批判しているのだと取ります。
異質なものへの恐怖(感)を煽動され、猜疑心や被害妄想ばかりを抱かされて、冷静に、理性的に考え行動する余地や感情すらも奪われてしま(うことを受け入れてしてしま)い...盲目となるばかりか、ここぞとばかりに様々な不の思いを不条理にもそこに集約させたがったりもし...後になって気づいたとしても、原因を究明するよりも言い訳探しに逃げがちで、何れまた忘れたかのように同じようなことを繰り返してしまったりする...このようなある種の特異な状況に乗じて画策される陰謀などに欺かれることなく、冷静...理性的な判断、思考と行動で事態に抵抗し、回避するというのは、普段ですら危うい気もしますし、中々難しかったりするものやも知れませんが...そういうときにこそ、深い思慮とせっかくの人類の英知とやらを働かせるときやに思ったりします。自分を見失わず、情理を踏またいものです。現実を悲観しているだけでは、否定しているだけでは...意味がないとは思いませんが...悲観と否定とでは、異なるものでもありますし...ならば…どうにかせねば...どうすれば...なんて考えているだけでも...絶望は避けたいところやに思います。
人間は完全ではないからというだけではなく、決して善い人間にも悪い人間にもなり切れないやに思います。そもそも人間を人間足らしめているのは、善(いと思うことと)悪(いと思うことだけ)であろうはずもないやに思います。勿論、善悪について考え、意識する(正義を信じながら疑い、疑いながら信じる)ことは大切で、蔑ろにするべきではないやに思いますし、人間というのは、その狭間で揺れ動いている存在やには思います。
わかっていないわけではないことでも...しがちだったりするのやも知れませんが...。
またしても...支離滅裂な戯言をつらつらと書き綴ってしまいました。

2時間13分も全く長くは感じません。

allcinema ONLINE 映画データベース

I would like to express my condolence with all americans affected by the tragic events of September 11,2001.
Also I would like to give my thought and prayer to all who became innocent casualties and their families.
May god bless everyone in this of sorrow.
posted by ウォルター at 00:03| ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 鑑賞映画について(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画は竹下さんに魅かれて見ました。懐かしい映画ですね。なかなか豪華なキャストでしたし、今でもチラシを持っています。(笑)

あ、引越し中のご紹介などして頂いてありがとうございました。本日無事完了致しました。
Posted by imagine-peace at 2007年09月13日 02:31
imagine-peaceさんへ

コメントありがとうございました。

本作を初めて観たのは、劇場公開時で、確か私はまだ小学生か中学生の時分だったと思います。そのときの印象は芳しからざるものがありましたので、久しぶりに観て、懐かしさよりもむしろ新鮮さを感じました。初め観たときは、SF描写は殆どありませんし、救いのない暗い印象の映画くらいに思っていましたが、あらためて観てみると中々辛辣で興味深いテーマをした、見応えある作品やに思います。おっしゃられる通り、キャストは豪華で懐かしいものがあります。特に沖雅也さん、高橋悦史さん、岡田裕介さん、草野大悟さんや岸田森さんは懐かしい気がします。

無事ブログのお引越し完了されたとのこと、おめでとうございます。早速お邪魔させて頂きたいと思います。

昨日は大風邪を引いて高熱を出してしまい、一日中床に臥せっていて、今朝目を覚ましましたら、一瞬今日が何日なのかわかりませんでした。
Posted by ウォルター at 2007年09月13日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岡本喜八監督(KIHACHI祭りin米子)
Excerpt: 今から17年前のこと 米子出身者の映画監督が新作映画を撮ったので 地元米子のローカルのラジオ番組に出演されていた。 そのとき初めて岡本喜八監督を知った。 監督はその放..
Weblog: 苺一円
Tracked: 2007-09-13 13:04

ブルークリスマス (昭和53年・1978)
Excerpt: ブルークリスマス倉本聰 岡本喜八 勝野洋 東宝 2006-02-24 光り輝くUFOの目撃者の血が青くなる! 真実を隠されたまま、クリスマス・イブの夜に青き血の者の大量抹殺計画が発令された!  脚本..
Weblog: Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters
Tracked: 2007-09-15 20:43

岡本喜八監督(KIHACHI祭りin米子)
Excerpt: 今から17年前のこと 米子出身者の映画監督が新作映画を撮ったので 地元米子のローカルのラジオ番組に出演されていた。 そのとき初めて岡本喜八監督を知った。 監督はその放..
Weblog: 苺一円
Tracked: 2007-09-15 22:40

ブルー クリスマス
Excerpt: 行列のできる人気商品店 本日開店!ダイエットなど人気商品は、激安価格!さらにさらに最大10%ポイント還元! ブルーフォックスファー付き比翼ロングコート クリスマス・通勤・デートやプレゼントに♪半額以下..
Weblog: クリスマス大百科
Tracked: 2007-11-11 16:08