2008年01月12日

雪景色を描いた絵

IMG_0796.jpg
Click to enlarge

米軍を主体とした有志連合軍の進(・侵)攻から5年近くが経過した未だに情勢不安定で、混迷を続けているイラクの首都バクダットで100年振りに降雪があったとのことです。気候変動の影響もあるやも知れませんが、治安悪化や政情不安に苦悩する市民の中には"希望のしるし"と喜ぶ人もいたとのことです。その通りであらんことを、一日も早くイラクの人々に平和な日常が訪れんことを祈って、今年の年賀状用に描いたものの、何となくそぐわないような気がしましたので、用いなかった『雪景色』と銘打った絵を掲載してみたいと思います。因にこの絵は雪山なぞを描いたロマンチックなものではありません。
posted by ウォルター at 16:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック