2006年11月29日

引越祝

マイけル・ハッチェンス S.jpg
Click to enlarge

お気に入りリンクで紹介しておりますブログ『まい・ふぇいばりっと・あるばむ』のOZZYさんが、この度無事お引っ越しを済まされたとのことですので、ささやかながら、お祝いの気持ちとして、チョッと前に描いたINXSの元フロントマン、故マイケル・ハッチェンスのイラストを掲載してみたいと思います(上手く描けていなくてスミマセン)。返答コメントにも書きましたが、OZZYさん、何はともあれ、お引っ越し・新たな生活の門出をお祝い申し上げます。
posted by ウォルター at 11:26| ☔| Comment(8) | TrackBack(2) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

返答コメントの通り

IMG_0905.jpg青.jpg
Click to enlarge

先だっての投稿記事『さてこれは誰を描いた絵でしょうか(2)』の返答コメントに記しました通り、記事に掲載しましたカフカの絵に手を加えてみましたものを掲載してみたいと思います。チョッとはイメージに近づけた気がするようなしないような感じです(汚くなっただけのような気もしますが...)。
"読書の秋”にふさわしいでしょうか...。
posted by ウォルター at 22:29| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

さてこれは誰を描いた絵でしょうか(2)

カフカ003.jpg○.jpg
Click to enlarge

予定している投稿記事で取り上げている映画作品に深く関わる人物です。出来が良くないのは毎度のことながら、イメージ通りに描けておりませんで、不満足にもかかわらず、不本意で、節操がないようでもありますが(まあ、それ程の画力があるわけではありませんので、このように考えることのがおこがましいようで、恥ずかしい気もしますが...)、せっかく描いたので掲載したいと思います。おわかりになられますでしょうか...。
"読書の秋”にふさわしいでしょうか...。
posted by ウォルター at 21:18| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

8月も終わり

芳本美代子.jpg
Click to enlarge

昔描いた芳本美代子さんのイラストです。何故に芳本美代子さんを描いたのかは今となっては謎であります。全くもっておこがましくも、Patrick Nagelタッチで描いたつもりのようです。なんだか味も素っ気もない絵ですネ。色をつけてみたらもう少しは見栄えがするでしょうか。

昔NYのYMCA(ヴァンダービルド)に滞在中、朝英語学校へ出かける前にケーブルテレビだったかで放送されていた芳本美代子さんの旦那様の金山一彦さん(と小林薫さん)主演NHKテレビドラマ『イキのいい奴』を楽しみに観た記憶があります(放送時間は夜だったかもしれず、定かではありません)。

同時期にこちらも楽しみにテレビで観ていた『The Morton Downey Jr. Show』のホストで"trash talk show(悪口、毒舌、こきおろし、罵り合い番組とでもいうのでしょうか)" の構成を先駆し、1980年代には論争の的で有名な米国のトーク番組司会者で(作詞家、作曲家、作家、俳優、歌手でも)あったMorton Downey, Jr.が2001年に肺癌で亡くなっていたのをたった今知り、些かショックを受けております。 心より追悼の意を捧げたいと思います。
posted by ウォルター at 00:19| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

昔描いたロバート・パーマーのイラスト

ロバート・パーマー 001 S.JPG
Click to enlarge

お気に入りリンクで紹介しておりますOZZYさんのブログ『まい・ふぇいばりっと・あるばむ』のロバート・パーマーのアルバム『HEAVY NOVA』の記事に触発され、昔描いたロバート・パーマーのイラストを掲載してみたいと思います。今年の3月に中古CDショップで購入した(アルバムリリース時はミュージックテープを購入しておりました)CDを久しぶりにラックから取り出し、聴きながら一度きりですが、生でステージを観、歌声を聴けたことにしみじみと幸せを感じています。更にそれは、奇しくも、このアルバムのコンサートツアーでした。
未見ですが1944年、ジョージ・マーシャル監督のロマンス・コメディ・ミュージカル映画作品「そして天使は歌う」の主題歌で、ジミー・ヴァン・ヒューゼンとジョニー・バーク作曲・作詞、ジョー・スタッフォードが歌ってヒットさせたとの(チェット・ベイカーカヴァーバージョンは聴いたことありますが、彼女が歌うオリジナルバージョンは聴いたことありませんし、そもそも彼女のことは名前くらいしか知りません)ジャズ・スタンダード・バラード『IT COULD HAPPEN TO YOU』のカヴァーの歌声には痺れます。
posted by ウォルター at 16:14| ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

ジョン・ウェインを描いた絵でした

先日の「さてこれは誰を描いた絵でしょう」の投稿記事の答えは本名マリオン・マイケル・モリソン、愛称デュークことジョン・ウェインの若き日の肖像画でした。
わかり難くてスミマセンでした。

下手さが明白になってしまって、恥ずかしいのですが、絵におこした元の写真を掲載します。
49123.John_Wayne のコピー 1.jpg
Click to enlarge
posted by ウォルター at 06:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

さてこれは誰を描いた絵でしょうか

Marion Michael Morrison 3.jpg
Click to enlarge

昨日描いた絵です。さてこれは誰を描いた絵でしょうか。出来が良くないのもさることながら、失敗した箇所にごまかしを入れていることもありますし、おわかりになる方は流石と思います。映画監督の大林宣彦さんでしたら必ずや、おわかりになると思いますが...。
映画についての記事を投稿せねばと思いつつ...。
posted by ウォルター at 12:27| ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

窓から臨む空を描いてみました

○空 001.jpg
Click to enlarge

本日は台風一過の良いお天気ですので、ささっと窓から臨む空を描いてみました。サムネイル表示ですと、まだそれっぽく見えなくもない気もするのですが...。
posted by ウォルター at 14:17| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔描いた松田優作さんのイラスト

松田優作 01.jpg
Click to enlarge

昨日の投稿記事で取り上げた山本周五郎さん原作の時代劇映画作品「ひとごろし」で主人公の"双子六兵衛"を演じられている松田優作さんのイラストです。高校生の時分に優作さんが原案/主題歌/主演を務められた工藤栄一監督アクション・ドラマ映画作品「ヨコハマBJブルース」で歌を歌うシーンを描いたものと思われます。サウンドトラックともいえるアルバム『HARDEST DAY』を持っていますが、エディ藩さんやクリエイションをバックにしてのブルージーな歌声、歌詞、曲と音のロックンロールやバラードが心に響きます。BOROさんが作詞/作曲された『天国は遠くの町』は心にしみいるバラードです。連続TVアクション・コメディ・ドラマ『探偵物語』の"松本刑事"こと盟友で俳優の山西道広さんが作曲/作詞されている『Get Along』も中々テンポとノリの良い曲です。
優作さんに心より追悼の意を記したいと思います。
優作さんは極真会館の門下生だった時、元師範代で真樹道場宗師の一見強面な真樹日佐夫先生にも指導を受けたとのことです。
posted by ウォルター at 03:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

竹薮の画

竹やぶ 001.jpg
Click to enlarge

家の近所にある美術館裏手の竹薮をイメージして描いた画です。随分前に訪れた時からイメージを抱いていたものです。出来の如何はともかく、自分なりには、まずまずイメージを表現出来たやに思います。錯覚やもしれませんが...。
少しは涼し気な気分になれましたら幸いであります。
posted by ウォルター at 01:01| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

昨日描いた画

夏の画 006.jpg
Click to enlarge

昨日、十数年ぶりに画を描いてみました。一応今の夏をイメージして描いたるもりなのですが...チョッと酷いですネ。元々才能がないのは承知しているつもりですので、良い・悪いや上手・下手はさておくとして、腕の錆び付きとインスピレーションの枯渇には些か狼狽、落胆する思いがしたりしました。取り敢えずリハビリがてらまた、そろそろと描いて行ってみたいと思います。
posted by ウォルター at 15:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

昔描いたジェームズ・ディーンの絵

JAMES DEAN 03.jpg JAMES DEAN 04.jpg
Click to enlarge    
左はオートで右は色効果=白黒で撮影しました。


昔描いたジェームズ・ディーンの絵です。やや仕上げを失敗しております。デジカメで撮影したのですが、光沢を出すためと汚れを防ぐために絵にフィキサチーフ(定着剤)を吹き付けているため、若干テカリが出てしまっています。今回は異なった撮影モードで撮影した2点を掲載しておいてみたいと思います。勿体振るわけではありませんが、同じ絵の色違いともう少しまともに仕上げられたやに思うものを追々掲載するつもりです。色違い(青)で描いた同じ絵を今年の年賀状にして送りました。
posted by ウォルター at 02:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ケンジントン・ガーデンズ

Kensington Gardens.jpg
Click to enlarge

この画も一昨日の晩に物置と化しているクローゼットで探し物をしつつ、整理していましたら、出て来ましたので掲載しておいてみたいと思います。 自分の作品だからというわけではありませんが、お世辞にも上手い画とは申せませませんネ。でも
自分なりには雰囲気を感じられないこともない気がします。

若い時分、二度の英国語学留学共にロンドンでは、FA(イングランド・サッカー協会)の所在地であるランカスター・ゲイトのワンルームのフラットに滞在しており、目と鼻の先にあるケンジントン・ガーデンズにはよく散歩に出かけました。とても綺麗な公園で、散歩するのにはもってこいの公園でした。木々が色づく秋の日も好かったですが、曇りや雨模様の冬の日も寂し気で、英国のイメージぽい趣が感じられて好かったです。リスたちが出迎えてくれたりしました。そういえば、一度も餌をあげたことがありませんでした。

【ケンジントン・ガーデンズ】
ケンジントン・ガーデンズは池を挟んで広大なハイド・パークと隣接した公園で、故ダイアナ元妃が住んでいたケンジントン宮殿があります。広さは約110万平方メートルとのことです(ハイド・パークは約140万平方メートル)。公園内には多くの見所があり、公園西側にはラウンド・ポンドやサーペンンタイン・ギャラリーがあります。東側に広がる水辺ロング・ウォーターの北にはイタリアン・ガーデンズ、その横には童話の主人公、ピーターパンの銅像があります。ケンジントン・ガーデンズ南方にそびえる、ひときわ目立つゴシックの塔は、ヴィクトリア女王の夫君、アルバート公の記念碑です。ロイヤル・アルバート・ホールと向き合うように建っているこの記念碑が結構お気に入りだったりしました。

出典 Eikokutabi.com
posted by ウォルター at 00:12| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

昔描いた画

IMG_0547.JPG
Click to enlarge

昨晩物置と化しているクローゼットで探し物をしつつ、整理していましたら、昔描いた画が出て来ました。何をテーマに、何をモチーフにして描いたのやら、今となっては自分でもさっぱりわかりません。夏っぽいので掲載しておいてみたいと思います。
posted by ウォルター at 04:38| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

寝不足で思考能力低下

W杯ドイツ大会で連日連夜に繰り広げられている試合のテレビ観戦による寝不足の疲労から思考能力が低下しており、投稿記事を書き綴ることもままなりませんので(思考能力が低下していた方が、まだまともな文章が書けるやも知れませんが)、これも昔描いたものですが、イラストを掲載してお茶を濁したいと思います。

ジェームス・ディーン 003 S.JPG
Click to enlarge

確か以前年賀状用に描いたジェームズ・ディーンのイラストと思います(年賀状には余り相応しくない絵かもしれませんでしたが...)。
posted by ウォルター at 21:02| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

ロブ・ロウ?

ロブ・ロウ S.JPG
Click to enlarge

ロブ・ロウをと思われる昔描いたイラストが出て来ました。

私と同世代で、嫌みのない端整で美しい顔立ちと、垢抜け切らない演技が好感の持てる若手俳優さんでした。

フランシス・フォード・コッポラ監督の青春映画の金字塔的作品「アウトサイダー」で注目され、一躍青春スターの仲間入りをし、ジョディ・フォスター、ナスターシャ・シャキンスキーと共演した映画作品「ホテル・ニューハンプシャー」、エミリオ・エステヴェスら(オリジナル)ブラット・パックと呼ばれることとなる今をときめく豪華キャストの面々と共演し、1985年のラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)ワースト助演男優賞に輝いた映画作品「セント・エルモス・ファイアー」(デヴィド・フォスターの奏でるテーマ曲『「セント・エルモス・ファイヤー」~愛のテーマ』が好いです)、エドワード・ズウィック監督、デミ・ムーア共演の映画作品「きのうの夜は・・・」や本格デビュー間もないウィノラ・ライナーと共演した映画作品「スクエアダンス」と順調な活躍を見せておりましたが、1989年、一大スキャンダル(お父さんは弁護士さんだというのに)により一挙にそれまでの地位を台無しにしてしまいました。しかし、当初絶望視されていた俳優活動もジェームズ・スペイダーと共演した映画作品「バッド・インフルエンス/悪影響」をはじめ悪役や汚れ役を演じ新境地を開拓し、幅広い役柄を演じながら監督や製作総指揮も務めるなど地道な活動を続け(日本劇場未公開作品やTV映画・ドラマシリーズが多いです)、近年ではマイク。マイヤーズ主演の大ヒットコメディ映画「オースティン・パワーズ」シリーズへの出演やマーティン・シーン主演の大ヒットTVドラマ「ザ・ホワイトハウス」シリーズにも主要キャストとして出演するなどしています。スティーブン・キング原作、ゲイリー・シニーズらと共演したTV映画(ミニ・シリーズ)「スタンド」での演技は好かったと思います。

posted by ウォルター at 21:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

誰?

? S.JPG
Click to enlarge

昔描いたイラストですが、はたしてこの人は誰だったでしょうか。
posted by ウォルター at 11:42| ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

YAZZ

先日中古CDショップで購入したロバート・パーマーの『Heavy Nova』をCDラックに収めがてら、ジャンル・アーティスト毎にあらためて整理しておりましたら、懐かしやYAZZの『WANTED』が出てきました。
英国に語学留学をしていた際、CDプレーヤーを持っていなかったにも関わらず、何故か購入したCDです。余程気に入っていたか、流行っていたのでしょう。
久しぶりに聴いてみて、しばし当時の想い出に浸りました。結構聴けました。
当時描いたイラストを投稿します。
現在はどうされているのでしょう...。

ヤズ S.JPG
Click to enlarge

東京国際アニメフェア2006に行って来ました。今回で3年連続3回目の観覧ですが、昨年以上の盛況ぶりだったやに思います。
毎回CREATOR'S WORLDが大きな楽しみの一つで、今年は御影たゆたさんの『鉄路の彼方』と吉浦康裕さんの『ペイル・コクーン』をモニターに流されていた映像に目を引かれ、DVDを購入しました(まだ観れていませんが)。吉浦康裕さんには目の前でサインをして頂き、嬉しかったです。ありがとうございました。
posted by ウォルター at 23:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

追悼 ロバート・パーマー

中古CDショップを覗きましたら、すっと買いそびれていたロバート・パーマー『Heavy Nova』を目にし、購入しました(ミュージック・テープは買って持っていたのですが)。
ロバート・パーマーは2003年9月に滞在先のパリで心臓発作で急逝され、54年の短い生涯を閉じました。亡くなられて、もう3年も経つのですね。突然の訃報に接し、愕然としました。
1985年にデュラン・デュランのメンバー、ジョン・テイラー、アンディ・デイラー、元シックのトニー・トンプソンで結成したザ・パワー・ステーションで知って以来のファンです(トニー・トンプソンも同じ年に他界されております)。セクシーでパワフルな歌声、スーツをスタイリッシュに着こなすダンディーな容姿、雰囲気と英国紳士の気品漂う大人の魅力に魅了されました。ロバート・パーマーのコンサートは1988年8月2日(日)にラジオ・シティー・ミュージック・ホールで観たのが最初で最後です。かっこ好さに痺れました。
ロバート・パーマーを悼んで昔描いたイラストを投稿します。

ロバート・パーマー 002 S.jpg
Click to enlarge
posted by ウォルター at 23:24| ☔| Comment(5) | TrackBack(2) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

マット・ディロン

マット・ディロン .jpg
Click to enlarge

昔描いたマット・ディロンのイラストです。

フリースタイルスキー女子モーグル決勝、上村愛子選手は惜しくもメダルには届きませんでしたが第2エアの3Dを見事に決め、順位も前回大会より一つ上げた5位と健闘したと思います。里谷多英選手も満身創痍に近いコンディションで良く頑張ったと思いますし、伊藤みき選手は今後に期待したいと思います。選手の皆さんには悔しい気持はあるやも知れませんが「皆さん良く頑張られました。本当にお疲れ様でした」と労いたい気持ちであります。オリンビックはまだ始まったばかり、日本選手のみならず参加されている選手皆の活躍に益々期待したいと思います。
posted by ウォルター at 11:28| Comment(0) | TrackBack(1) | イラスト・画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする